のぼりづくりのコツ

のぼり旗の活かし方

既製品

のぼり旗が欲しいと思った時には通販サイトを利用すると
便利ですが、取り扱っている商品は大きく分けると
既製品とオリジナルデザインの2つに分けることができます。

オリジナルのデザインというのは、自由度が高く
かなり個性的なデザインの物を作成できますから、
特殊なイベントであってもアピールしやすいものです。個性的
イベントでのアピールなら、垂れ幕も非常に有効的です。


江戸時代に生まれた「垂れ幕」の歴史と活用方法


垂れ幕はイベントがある時やお祝い事がある時に使用される
横が短く縦が長い幕のことです。

垂れ幕の歴史は長く、江戸時代の歌舞伎や舞台で使用されていた伝統的な物です。

現在でも大相撲や野球などのスポーツで応援団が、応援している
選手の名前やチーム名やメッセージを寄せ書きしたものを
横断幕として飾られることがあります。


学校のスポーツ大会で全国の大会に出場する時には
学校の屋上から祝いの幕をたらす学校もあります。


お祝いの垂れ幕は、都道府県予選を勝ち抜いて全国へ飛び出す選手たちへ
一目でわかる大きくインパクトある存在です。


大型ショッピングモールは季節の変わり目の商品の在庫一掃セールを行うことが多いです。
SALE内容の文字をいれたものは遠くからでも目に付きやすいので、宣伝効果が多いに期待できます。


オリジナルで作製してくれるプリント会社もあるのでイベントや
学校のスポーツ行事を広めるために、歴史と伝統で続く垂れ幕でお知らせできます。

製作までの時間が無い場合

オーダーメイドをするには、データの入稿などの必要があり
時間もお金もかかるのが難点です。

その点、既製品であれば、データの入稿がないため、安く早くのぼり旗を
手に入れることができると言えます。



シンプルなデザイン
ただし、デザインに関してはオリジナルで
作成する時に比べてシンプルになりがちです。


とは言え、品ぞろえが豊富な通販サイトの場合には
同じジャンルのデザインであっても種類がいくつもあり、
効果的な物を選ぶことができるようになっています。

 

物によっては結構既製品でも結構種類があるもので
用意されている物の中から選ぶ形で十分対応できるものです。