のぼりづくりのコツ

のぼり旗の活かし方

集客効果

集客をしていく場合には、お店がどんな場所にあるかによって
集客方法を変えていかなくてはなりません。


お店の場所によっては、他の店で成功した集客方法を
真似してもまったく集客につながらない場合もあるからです。


例えばお店が裏通りにあり、人通りがまったくないような場所の場合、
そこにのぼり旗を設置しても、誰も通らないので見てもらうことが出来ません。
しかし人通りがとても多い場所の場合は、のぼり旗を設置することで
集客効果が表れることがあるのです。 B級グルメ


多くの人の目にとまるようなのぼり旗であれば、
より集客が出来るようになりますので、
オリジナルののぼり旗を京都のれん株式会社で作成していくといいでしょう。

オリジナルとは言っても、ただお店の名前だけを
載せているのぼり旗ではあまり意味がありません。


お店の名前を知ってもらうことはできますが、
何のお店なのかがわからなければ
集客は期待できないからです。


即日仕上げのぼり旗には、お店の売りの商品を載せてみるのもいいですし、
今キャンペーンを行っているかを載せてみるのもいいでしょう。


例えば本日は10倍ポイントとか、何曜日はレディースデーとか、
お客様がお得だと感じるようなオリジナルのぼり旗を制作してみるのもいいでしょう。


ポイントが10倍ももらえるのであれば、同じ値段のものを購入しても
他の店よりもお得になりますので、お客様に来店してもらいやすくなるからです。


オリジナルのぼり旗によって効果を得るためにも
どんなことに興味がわいてくるかを考えることです。

 

映画のレディースデイはなぜ始まった?水曜日の理由は?

映画館のレディースデイを利用したことがありますか。女性のみ入場料が割引適用になる日です。
ありがたいレディスデイが始まったのは、1980年代後半になんと成人映画から開始され一般映画にも多くの映画館が始めるようになりました。映画割引サービスとして今も続いているのです。女性消費者の口コミ影響力の大きさを評価して映画館が営業戦略で始めたのです。

 

レディースデーは、デパートが水曜日が定休日で映画館に人が集まらなかったから水曜日にしたという説があります。また映画館を集約したシネマコンプレックスができるようになって水曜日をレディースデーにして主婦層を取り込もうとするものでした。

 

どちらにせよ映画館は、男性より女性が行く機会が多く、友達数人とでかけることが多いので映画館としては割引を適用しても、採算にあうといった狙いがありました。

 

女性の口コミの威力はすごいものがあり、結構まとまって行動する女性をターゲットにしやすい面もあります。注意すべきはどの映画館もすべて取り入れているわけではないという事です。映画館によっては名称を変えて運用していたり、サービス料金が異なっていることもありますから注意が必要になります。

 

また箱根駅伝の応援にもオリジナルのぼり旗がおすすめ

箱根駅伝でチームや個人を応援したいと思っているのなら、オリジナリティのあるのぼり旗を作ってみてはいかがでしょうか。

のぼり旗に大きく学校名を入れれば、存在感をアピールすることができるので選手のモチベーションアップにも繋げることが出来ます。少ない枚数でも作れるので、個人名をいれて応援するのもおすすめです。

"のぼり旗というと飲食店などで使われるイメージがありますが、最近ではスポーツ応援に良く使われるアイテムとなっています。応援と聞くと横断幕等をイメージする人も多いかもしれませんが、風になびくのぼり旗はどの方向からでも学校名などが見やすいため、選手のモチベーションアップにつながることから採用されるようになりました。

旗に使われる生地は薄くて軽いため、ゴールなど各ポイントごとに移動をしながら声援を送る箱根駅伝にはぴったりのアイテムとなっています。
箱根駅伝用に使いたいのなら、学校のカラーやオリジナルのフレーズを入れたものがおすすめです。

一瞬でどこの学校のものかと選手が判るようなデザインのものなら、応援側・選手側両方の一体感をより増すことができます。
特に応援したい選手がいるのなら、個人名をいれたものを作ってみるのもよいでしょう。

大会のルールにのってアイテムを作ってみてはいかがでしょうか。

オリジナルののぼり旗を作る方法

オリジナルののぼり旗を作る方法としては、インターネットから専門の会社に依頼するのが簡単です。
選手の家族などが個人で学校の校章などを入れたい場合には、予め学校側に許可をっておくようにしましょう。

少ない数から作成できる会社もあるので、選手個人の旗を作りたい場合にはそういったお店を選ぶとお得です。印象的であることは選手の目につきやすくなるため大事ですが、奇抜すぎるデザインものは周囲の迷惑になるので避けるようにして下さい。

サイズや納期・防火であるかなどによって製作にかかる日数や値段が変わってきますので、時間に余裕をもって依頼をしておくと安心です。
手旗など小さいサイズの旗を製作できるところもあるので、合わせて利用すればより印象的な応援ができます。

のぼりを利用するにはポールも必要になるので、一緒に用意しておきましょう。
会社によっては保存や持ち運びがしやすいように収納袋などがセットになっている場合もあるので、参考にしてみて下さい。