のぼりづくりのコツ

のぼり旗の活かし方

毎月何かの行事があるからのぼり旗を

一年中、なんらかの行事があると言っても良いでしょう。お正月に始まり、節分やバレンタインデーやゴールデンウィークなど毎月のように行事があります。


小売店などではこのような時に集客を増やそうと思って、どんどん宣伝をします。

節分にしても元々は豆まきしかやっていなかった地域も、今では恵方巻を全国的に食べるようになりました。お店にとっては集客力アップにもなりますし、このようにいろいろな行事がありますし、どうやって集客に繋げるかがポイントです。
行事にのぼりを活用

 

のぼり旗は年中行事に活用した方が良いです。あるだけで、とても目立つとは思いませんか。街を歩いている時も、ついついのぼり旗があると見てしまう人は少なくないはずです。


節分の恵方巻きだけではなく、最近はハロウィーンも大きな収益となる時代となりました。顧客の購買意欲を刺激するためにもうまく宣伝する必要があります。

そのために、のぼり旗を使ってみませんか。小売店だけではなく、神社仏閣が年中行事に合わせて使うことも多いです。様々な場所で人を集めようとしているわけですが、宣伝をしないと何か特別なイベントをしていてもわかってもらえません。


しっかりと宣伝して、多くの人に注目してもらいましょう。

 

見た人の気持ちに変化をもたらす


天気が良い日に、のぼり旗がはためくとそれだけでも人々の活気を生むことがきっとできるはずです。人々の元気がなくなっている時期であったとしても、なんらかの気持ちの変化を生み出すことができるかもしれません。

のぼり旗自体は決して高いものではありませんし、いろいろな場所に設置できるサイズです。だから、多くの場所で利用しています。単なる宣伝のために活用しているつもりだったとしても、それが見た人の気持ちを明るくしたり活動的にさせるかもしれません。
のぼりに注目する

 

あまり元気がなかったので外に出ることもあまりなかった人が、のぼり旗がはためくのを見て前向きな気持ちになって活動的になることだってあるはずです。のぼり旗を作り、設置した人はそこまで考えないかもしれませんが、街中にあるのとないのとでは印象が全然違います。

何もない道路とのぼり旗がたくさんある道路とを比較すると違います。後者の方が活気があると感じませんか。たくさんあればあるほど、明るい気持ちになるかもしれません。


景気が良い場所なのだろうと思う人もいるのではありませんか。そう考えてみると、街を明るくしてくれる効果が期待できますから、積極的にのぼり旗を使ってみてください。