のぼりづくりのコツ

のぼり旗の活かし方

低コストで

のぼりの値段というものは、生地や印刷方法などによって
異なります。


のぼりをしっかりとしたもので作りたいというならば、
生地もそれなりにしっかりしたものを選びますが、
格安で作りたいという場合には生地を選ぶことによって
安くあげることができます。サテン生地

大きさにもよって値段というものは決まってくるものなので、
どのくらい必要なのかということを把握しておく必要があります。

入れたい文字やデザインと併せて考えると良いでしょう。


いわゆる江戸文字!?
のぼりの書体で見られる粋な遊び文字


江戸文字は江戸時代に盛んに使用された図案の総称です。
その文字の中には様々な種類があります。


芝居文字があり通称勘亭流と言われております。
この文字は日常生活でもよく見かけることがあります。

その他にも寄席や籠、相撲文字などがあります。
寄席文字は通称、橘流と言われており客を寄せるための書体です。

客が集まるように縁起をかついで詰めて書いていることが特徴だと言えます。
勘亭流を元に創始されたこととして知られています。

よく、力士の名前に使われることがあります。
これらは、江戸時代の粋な遊び文字として使われていました。

また、江戸時代の子供から大人は判じ物クイズで楽しんでいたということも知られています。
判じ物とは文字や絵画に隠された意味を当てる謎解きで、現代でいうヒラメキの問題です。


江戸時代の人々のセンスやユーモアを感じることができ、非常に良い作りとなっております。
こういったものが進化して、現代にあるクイズができました。

のぼり製作の前にイメージをはっきりさせる

まずは自分が作りたいのぼりはどんなものか。
その上で、どこでコストを削減できるのか。
どういった手法にコストがかかってしまうのか。

ということを知るのがいいかもしれません。
その上で取捨選択するといいでしょう。車の展示販売におすすめなのぼり旗はこちら

印刷イメージ


また、のぼりは印刷が複雑になればなるほど
高くなっていくものなので、とにかくシンプルに
することによって、格安に作ることができます。

しかし、長く使うことを考えるのであれば、
少しでも高いものを作ることで、長持ちさせることができるのでお勧めです。